000.png000.png

最新情報・キャンペーン 診察時間・院長診察日 アクセス スタッフ 診察対象動物 病院紹介 リンク

心臓検診・内視鏡処置・行動学のご相談は、練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院。犬猫の一般診療・一般外科に加え、内視鏡検査などの特殊医療の提供を受けております。各スタッフが国内外の大学病院や二次診療施設にて研修を重ね、専門分野を追求しながら日常業務に取り組んでおります。当院は練馬区内3病院で連携をとりながら、診療を行っております。飼い主様と動物の人生の質を高め、社会へ貢献できるよう日々研鑽を続けています。

space.png

■ 内視鏡検査・パピークラス&しつけ相談に関して


09.jpg 内視鏡検査
慢性的な嘔吐、下痢などの消化器症状を示す症例に対して、内視鏡を用いた胃・十二指腸・直腸の検査を行っています。肉眼的に病変を見つけるだけでなく、胃や腸管の組織を内視鏡下で採取し病変を調べる生検を行っています。人医で行われている、さまざまな染色液(インジコカルミンなど)を用い病変を明らかにする色素内視鏡検査も行っています。また、おもちゃや紐などの胃内異物の摘出を内視鏡処置で行うことも可能であるため、侵襲が少なく除去できます。



2.jpg パピークラス&しつけ相談
6カ月齢までの子犬を対象にパピークラス(子犬のしつけ教室)を行っております。また、子犬のしつけや犬猫の問題に対するご相談も受け付けております。成犬・猫に対する問題についても、まずはお気軽にご相談下さい。状況に合わせて、大学病院の行動科の受診やしつけインストラクターのクラスの受講をお勧めする場合があります。


■ 最新情報・キャンペーン情報

2017年6月23日

おやつについて

トレーニングのご褒美やお留守番の際、ワンちゃんネコちゃんにおやつをあげている方も多いかと思います。本来、ワンちゃんやネコちゃんは総合栄養食と記載のあるフードとお水だけで必要な栄養素を満たすことができるため、おやつのあげすぎは肥満や栄養バランスを崩す原因となります。おやつは1日の食事の20%以内にし、その分をフードから減らしましょう。人の食べ物はワンちゃんネコちゃんにとって、高カロリー・塩分過多であり、ブドウやチョコレートなど身体に害を及ぼす物もあるため、おやつを選ぶ際には注意が必要です。また、肥満気味の子や食物アレルギーの子は、フードをおやつ代わりにするなど工夫しましょう。当院でもおやつを取り扱っておりますので、スタッフまでお気軽にお声かけください。
動物看護師 大西

2017年6月19日

熱中症にご注意を

だんだんと蒸し暑い日が増え、夏の訪れを感じるようになってきました。毎年、ニュースで熱中症の事故が報じられますが、犬たちにとっても夏は熱中症に注意が必要な時期です。熱中症は高体温による臓器障害から、初期では呼吸促迫や元気消失、重症になると意識レベルの低下や血圧低下、神経症状がみられ最悪の場合死に至る病気です。。大型犬や短頭種は暑さに弱く熱中症になりやすい犬種とされており、特に注意が必要です。閉め切った室内でエアコンを点けずにお留守番させたケースや、キャリーバックでの外出によりバック内に熱がこもってしまったケースなどでも容易に熱中症は起こり得ます。熱中症が疑われた場合は、身体を冷やすことが重要です。濡らしたタオルなどで、脇、内股、首など、太い血管が通っているところを集中的に冷やす方法や、水を張ったお風呂の中に漬ける方法が効率的です。そして、すぐにご来院ください。熱中症の原因の殆どが飼い主の不注意によるものであると言われます。犬は全身を毛に覆われており人間以上に体温調整が難しく、熱中症の危険性が高い動物です。暑さのピークを迎える7.8月だけでなく、梅雨の前後であるこの時期から今一度気を配りましょう。
獣医師 原田

2017年6月16日

保冷剤に注意!

わんちゃんねこちゃんの熱中症対策として保冷剤を使用する方も多くいらっしゃると思います。とても有効な手段ではありますが、使い方を誤ると事故に繋がる可能性があります。保冷剤には「エチレングリコール」という成分が含まれているものが多く、エチレングリコールは誤飲すると重い中毒症状を起こし、最悪の場合亡くなってしまう事もあります。また、エチレングリコールは甘い味がする為、保冷剤が破けて中身が外に出てしまった場合、動物が舐めてしまう危険性が高いと考えられます。お留守番中や、イタズラする可能性のある子には、凍らせたペットボトルなどで代用する等、誤飲を防ぐ対策をしましょう。
動物看護師 佐藤

2017年6月12日

膿皮症

膿皮症とは、犬の皮膚の細菌感染症で、皮膚表面に 湿疹(ブツブツ)ができて、脱毛を伴います。細菌の増殖で作り出される物質が皮膚に炎症を引きおこし、かゆみを引き起こします。高温多湿の環境で皮膚表面の細菌が繁殖しやすくなるため、春を過ぎたこの時期からよく見られます。抗菌薬を飲ませる治療が一般的です、ほとんどの場合、飲ませる期間は2週間~3週間に及びます。 膿皮症になりやすい犬は何度も繰り返す傾向があります。シャンプー療法などで予防に注意すると共に、早期発見・早期治療を心がけましょう。 そのためにはコミュニケーションを取りながら毎日全身をよく触ってあげたり、見てあげたりすることが大切です。かゆみを伴う湿疹を見つけたられましたら、お早めにご相談下さい。
獣医師 臼井

2017年6月8日

食事の変更方法

年齢や病気の症状に合わせてわんちゃん、ねこちゃんの食事を変更することがあります。皆さんはどのように食事を変更していますか?変更する際、最初から全て新しい食事に切り替えてしまうと、お腹に負担がかかるため嘔吐や下痢などの症状がみられることがあります。そのため食事の変更には1週間〜10日間程かけ、徐々に切り替えていく必要があります。具体的には1日目は従来の食事:新しい食事の割合を9:1、2日は8:2・・・9日目は1:9、10日目に全て新しい食事に切り替えるというように、2つの食事の混ぜる割合を徐々に変更していくことをお勧めします。食事に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。
動物看護師 浅見

2017年6月2日

フードの保存方法

暑くなってジメジメしてくるこの時期は、ご飯の腐敗や酸化がすすみやすくなります。缶詰はなるべく開封したものは使い切りましょう。ドライフードは密封できる容器に入れ、日の当たらない涼しい場所に保管しましょう。ドライフードを冷蔵庫で保管される方もいるとおもいますが、冷蔵庫からの出し入れで結露が生じ、湿気によってカビが生えやすくなります。また、ドライフードは開封後の賞味期限は1ヶ月と言われています。1ヶ月で食べきれるサイズを購入しましょう。詳しくはスタッフまでお尋ねください。
動物看護師 山口

求人案内

春日町病院ではパートさんを募集しております。

ご近隣にお住まいで動物が好きな方、一緒に働きませんか?
詳しくは春日町病院までご連絡下さい。

仕事内容:受付・診療の補助、掃除等
時間:平日/8:50~12:30、15:50~19:30
   日・祝/8:50~13:30
   ● 週3以上で日数・曜日応相談
   ● 平日の午後、土日・祝働ける方優遇
資格:不要
応募:春日町病院まで、履歴書(写真貼付)をご郵送下さい。
   応募書類到着後、ご連絡致します。

練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院
〒179-0074 練馬区春日町3-2-15
03-5971-3033

2018年度、新卒獣医師2名、新卒動物看護師2名、トリマー2名を募集しております。

当院は練馬区内3病院体制のため、多くの症例を経験することが出来ます。また、大学病院などでの研修経験から、基本に忠実な臨床指導が出来るスタッフが揃っています。見学・実習随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

今月のキャンペーン

①白内障キャンペーン

犬・猫にとって、眼は、人とコミュニケーションをとる上でとても重要な器官です。最近、夜の散歩を嫌がる、白目が赤くなる、眼が白く見える等の変化はありませんか?特にわんちゃんは、人間と同様、白内障が多く認められます。白内障は進行度により、点眼薬の処方・手術等が必要な場合があります。是非この機会に眼科検診をお受け下さい。

②血液検査キャンペーン

ワンちゃんはフィラリア症の予防薬を投薬する時期が近づいています。予防薬を飲む前に、前年の予防が確実に出来ていたかを血液検査でチェックしますが、折角の機会ですので、健康診断の血液検査を行ってみてはいかがでしょう?健康であることの確認や病気の早期発見に役立つ可能性があります。 ワンちゃんだけではなく、ネコちゃんも検査が可能ですので、ご希望の際は当院スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

メルマガ

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!

qr.png当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!

ページの先頭へページの先頭へ

■ 診察時間案内

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
日曜・祝日は午後1時までで診療終了です。

kasuga.png


休診日

春日町病院は「水曜日」がお休みです。

救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜間緊急の際は、03-5941-2552へご連絡ください。(午後8:00~午前3:00)

受付時間

受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く) 8:45~11:45、15:45~18:45、
日曜日・祝日 8:45~12:45です。受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

■ アクセス


名称 :練馬動物医療センター ホンド動物病院 春日町病院
所在地:〒179-0074 東京都練馬区春日町3-2-15 春日ビル1 F
電話 :03-5971-3033

駐車場:病院の裏手すぐに駐車場があります。

車でお越しの場合

練馬駅前の千川通りの「豊島園通り入り口」を入って5分程です。

電車でお越しの場合

大江戸線「練馬春日町」を下車豊島園方面に向い、徒歩5分です。




ページの先頭へページの先頭へ

■ 診察対象動物

0.jpg
犬・猫のみの診療を行っております。

ページの先頭へページの先頭へ

■ スタッフ紹介

本渡 豊

DSC_0669_pp.JPG 院長:本渡 豊


挨拶

子供の頃より、様々な昆虫や魚、両生類や小鳥、犬、猫と多くの生き物に囲まれて育ちました。昔、叔父が心臓移植に取り組んでいたようで、人の医療の話を聞く機会があり、自分の犬にも人の世界のように、もっと高度な医療が受けさせられないものかと考え、大きくなったら自分がやろう!と子供心に決心した事がありました。現在は、最先端の整形外科治療が出来る獣医師を目指し、一部実践しておりますが、今後、更に勉強して良い治療に結び付けて参りますので、皆様のご理解ご協力、何卒宜しく御願い致します。

経歴

酪農学園大学獣医学科外科学教室出身
埼玉県ワラビー動物病院
横浜市藤井動物病院にて研修を行う
日本獣医生命科学大学外科学研究生
Penn Hip認定医(ペンシルバニア大学 股関節診断ライセンス)
AO Masters Course on Advanced Osteotomy 2008California 修了
Tibial Tuberosity Advancement(TTA)Master Class受講
Zurich Cementless Total Hip Replacement(THR) Master Class受講
Synthes Vet Spine Seminar Advanced受講
他、海外での整形外科研修に多数参加
トップリーダーを育てる会(経営勉強会)発起

所属学会

獣医麻酔外科学会
動物臨床医学会
日本獣医がん研究会
日本獣医皮膚科学会
けやき臨床研究会
日本動物遺伝病ネットワーク
日本動物病院福祉協会
日本獣医療問題研究会
日本獣医アトピー・アレルギー・免疫研究会
EUROPEAN SOCIETY OF VETERINARY ORTHOPAEDICS AND TRAUMATOLOGY


土肥 あずさ

img_10.jpg 副院長:土肥 あずさ

挨拶

小学生のとき保護猫を迎え、その後ご縁が重なり8匹の猫と暮らすようになりました。自分よりも小さく弱い存在を前に、この子達を守りたい、という思いから獣医師を目指すようになりました。私たち人間に笑顔や癒しを与え、時に心の支えになってくれるペットたちが快適に暮らすお手伝いをすること、そして飼い主様の笑顔を見られることが何よりも嬉しいです。学生時代より循環器疾患に携わることが多く今後もこの分野をさらに深めていきたいと考えています。
どうぞよろしくお願い致しします。

経歴

AO VET Small Animal Principle Course Kobe 2009受講
EyeVet 臨床眼科セミナー全6回受講
腹部超音波検査セミナー全6回受講
2010年東京農工大学外科学教室第二種研修医

原田 直希

img_222.jpg 獣医師:原田 直希

日本獣医生命科学大学放射線学教室研究生

挨拶

今幼い頃にテレビでイルカの獣医師の番組をみたことが獣医という職業に憧れを抱いたきっかけでした。いつしか、たくさんの動物たちを元気にする町の獣医師を目標とするようになり、今に至ります。獣医師になった今、動物たちが元気になった姿を見られることに喜びを感じています。それに加えて、皆様と笑顔でその喜びを分かち合えることが生き甲斐です。そんな瞬間にもっと出会えるよう、より一層精進して参ります。宜しくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学獣医学部
放射線学教室出身

所属学会

獣医神経病学会

中川 朋子

01010121.jpg 獣医師:中川 朋子

挨拶

幼少期から動物が大好きでした。母に連れられて訪れたペットショップで、病気のヒヨコが弱っている姿を目の当たりにし、自分の手で病気の動物を治してあげたいと決意し獣医を志しました。皆さんのお力に少しでもなれるよう努めて参りますので、よろしくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医臨床病理学教室出身

天川 優子

tekawa.jpg 動物看護師:天川 優子

統一認定動物看護師 日本獣医生命科学大学人と動物の関係学班研究生

挨拶

我が家の愛犬が、過去に発作や膵炎など重篤な状態で動物病院にお世話になった事がありました。毎日のように動物病院に通う中でスタッフの方々の存在に心強さを感じ、私も「病気や怪我で辛い状態にある動物にとって頼れる身近な存在になりたい」と思う様になり、動物看護師を目指しました。現在は、看護業務に加え行動学を担当しています。日曜日には、子犬を対象にパピークラスを行っています。最近ではパピークラスの卒業生も増え、診察で再会できる事も楽しみのひとつになっています。飼い主様と動物が、健康で楽しい毎日を送れるよう全力を尽くして参ります。よろしくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科卒業
日本獣医生命科学大学人と動物の関係学教室研修生

浅見 真帆

asami.jpg 動物看護師:浅見 真帆

統一認定動物看護師

挨拶

幼い頃から動物が大好きで、祖夫母や近所の人が飼っている犬のお世話をよくしていました。物心が付いた時から将来は動物に関わる仕事に就きたいと思っており、現在に至ります。夢であった仕事に就けた今、やりがいを感じながら楽しく生活しています。また今年から看護業務に加え、リハビリテーションを担当しています。動物たちのQOL(生活の質)を向上させ、動物たちが楽しくできるようなリハビリテーションを目指しています。皆さんの大切な家族が健やかに過ごせるようサポートしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科 卒業

佐藤 みなみ

satou.jpg 動物看護師:佐藤 みなみ

統一認定動物看護師

挨拶

子供の頃に犬、亀、魚、鳥などを飼い、この子達の為にもっとできる事がないかと動物について勉強し始めたのがきっかけで、動物看護師を志すようになりました。ペットや飼い主様の不安を少しでも和らげることができるよう努めてまいります。不安に感じている事などありましたら、どんな小さな事でもご相談下さい。

経歴

日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科 卒業


大西 あずさ

img_06.jpg 動物看護師:大西あずさ

挨拶

家族が動物好きなこともあり、小さい頃から犬やウサギ、鳥などたくさんの動物と一緒に暮らしてきました。そんな中で動物に興味を持ち、何か動物に関われる仕事はないかと考え、この仕事を選びました。常に動物の立場にたち、飼い主様と動物たちの生活のお手伝いができるよう努力してまいりますので、よろしくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科卒業

高橋 芽衣

img_07.jpg 動物看護師:高橋芽衣

挨拶

両親が動物好きで、物心がついた頃からたくさんの動物に囲まれて育ちました。その影響から、幼い頃より動物に関わる仕事に就きたいと思っていました。夢であった仕事に就けた今、皆様の大切な御家族を安心して任せて頂けるような看護師になれるよう、日々努力していきたいと思っています。よろしくお願いします。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科卒業

薗部 貴子

img_08.jpg 動物看護師:薗部貴子

挨拶

小学生の頃、愛犬を亡くしたことをきっかけに将来は動物医療に携わりたいと考えてきました。大学では動物看護をはじめ、ワンちゃんのリハビリテーションを学んできました。その経験を活かし、皆様の大切なご家族の健康を守るために日々精進して参りますのでどうぞよろしくお願いします。

経歴

帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 動物看護福祉コース卒業

松本 みのり

img_09.jpg 動物看護師:松本みのり

挨拶

幼い頃からよく動物園に行ったり、動物の番組を見たり、学校の帰り道で野良猫と戯れて寄り道したりと、とにかく動物が大好きでした。そんなこともあり、幼い頃から動物に携わる仕事に就きたいと思っていました。現在では願いが叶い、動物看護師という動物と関わる仕事に就くことができました。皆様と大切なご家族が日々幸せに過ごしていくサポートができるよう努力して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科卒業

小夏 (こなつ)

img_001.jpgスタッフ犬:小夏 (こなつ)

2015年の目標

定期的にトレーニングをして、診察台をもっと好きになります。

メッセージ

マスコットとしての仕事だけでなく、供血犬としても働いています。少しでも皆さんの力になれるように頑張ります!


性別 女の子
生年月日 2011年6月7日
星座 双子座
趣味 ドッグラン、ボール遊び、ごはん

ページの先頭へページの先頭へ

■ 病院紹介


手術の様子当院の獣医師、看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し続け、最新の手術を提供しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。

th_RIMG0355.jpgth_RIMG0353.jpgth_RIMG0349.jpgth_RIMG0357.jpgth_RIMG0360.jpg

space.png